いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

こんな賃貸もある

色々な建物があり、賃貸として利用できます。
一戸建てはもちろん、マンションやアパートなどの集合住宅も、その中に含まれます。
今では、犬と暮らせるものがあることは、このサイトのメインテーマであり、これらまで述べて来たところです。
そういう延長のものと言えるのでしょう。
賃貸マンションの中には、ペットにより見合ったものがあります。
もっとも、賃貸より分譲の方が数が多く、なかなか見つけられない可能性があります。
あるいは、あるとしても、地域が絞られてしまう可能性もあります。
けれども、ペット専用の賃貸マンションがあることは、確かのようです。
特に、犬用のマンションなどが、有名です。
たとえば、マンションの中にドッグランが設置されています。
これは、リード内で犬を遊ばせることができ、自由にさせることができます。
基本的に、犬を散歩させる時は、自治体の条例などがから、リードを付けることが求められています。
これは不測の事故などを防止する目的もあります。
けれども、ドッグランでは、そういうことがなく、リードなしで、自由に走らせることができます。
愛犬が颯爽と駆け回る姿は、飼い主として、非常に喜ばしいかもしれません。
そういうものが、住まいの施設として設置されていることは、ありがたいと感じる人もいることでしょう。
もっとも、自由にさせることができるからこそ、犬の予防接種や去勢あるいは避妊も求められています。
一般のドッグランでは、それらがなされていない犬は、利用することができなくなっています。
マンションで設置されているものも、同条件であるでしょう。
また、マンションの敷地に散歩コースが設けられているところもあります。
人が使ってもいいですし、あるいは、犬と散歩してもいいようになっています。
あるいは、犬の洗い場などが設けられているところがあります。
まさに、犬を飼うために都合の良いマンションということでしょう。
さらには、犬を飼っている世帯しか入居していないマンションもあるようです。
こうなれば、入居者の状況も似たようなものであり、気兼ねなく生活を続けられる可能性もあります。
なお、犬ばかりでなく、猫専用のマンションもあります。
ユニークなところでは、レンタル猫マンションというところがあります。
猫を飼っていない人でも住むことができますが、各部屋に猫が貸し出され、気に入れば、次の住まいでも、そのまま飼えるというものです。
飼い主のいない猫が割り当てられ、動物愛護団体などが、支援をしているようです。
Copyright (C)2017いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜.All rights reserved.