いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

愛犬と引越し

住まいを決めたのであれば、もっとも面倒であるのが、引越しになるのでしょう。
当然、賃貸物件であっても同様であり、荷物を移動し、整理をし、そうして、始めて新しい生活が始まるとも言えます。
そんな引越し方法には、二つのものがあります。
一つは、自力引越しです。
その名の通り、自分で行うものであり、レンタカーを借り、なおかつ、友人などに手伝ってもらう方法です。
レンタカー代と作業を手伝ってくれた人へのお礼のみで費用が済む可能性があり、もっとも安価に引越しができます。
もう一つは、業者です。
これは、専門業者に依頼する方法であり、スムーズな作業が可能です。
今では、梱包まで頼むこともでき、非常に便利なものとなっています。
以上、選択できる引越し方法ですが、どちらにも、メリットとデメリットがあります。
自力の場合、コストが掛からなくても、作業がスムーズに行くとは限りません。
素人であるため、経験者であっても、やはり、時間が掛かるでしょう。
また、業者の方では、前述したように作業がスムーズであっても、それだけコストが掛かります。
荷物次第ですが、10万円程度が相場であるようです。
このため、賃貸の契約費用と合わせれば、それなりのお金が必要です。
結局は、自分の状況次第で選ぶべきでしょう。
仮にどちらであっても、犬と暮らすのであれば、引越しの際にどうするかということです。
自力であれば、そのまま連れて行っても問題はないでしょう。
あるいは、荷物の移動の時に、ペットホテルに預けるという方法もあります。
しかし、これは、場所が近いところであれば、それ程苦にはならないかもしれません。
しかし、遠方であれば、面倒が生じます。
そこで、引越し業者の中には、犬の配送までしてくれるところがあります。
引越しの荷物と同じようになり、ケージの中に入れるようです。
車酔い対策として、車に乗る前に食事を抜くことを勧められるようです。
けれども、別料金が取られるため、その分、コストが掛かります。
あるいは、すべての引越し業者がサービス提供していないため、自分で該当の業者を見つける必要があります。
なお、引越し業者の選定は、一括査定サイトでも可能です。
あくまで目安となりますが、自ら情報入力し、見積もりを確認できます。
当日トラブルを起こさないためにも、担当者にきちんとした見積もりをしてもらうことが重要でしょう。
ちなみに、業者でも、種々の割引制度を設けています。
そういうものを利用することが、大切になるでしょう。
Copyright (C)2017いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜.All rights reserved.