いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

一戸建てか集合住宅か

住まい選びには、色々なポイントがあるかと思います。
購入するか、あるいは、賃貸にするかも、大きなものでしょう。
月々で換算すれば、どちらも同じ金額であるケースもあり、状況によっては、購入した方が月の支払いが安い場合もあります。
しかし、賃貸の場合、家賃を支払っていれば、それで生活を続けられることができます。
購入の場合、税金などもあるため、相対的なコストで見れば、賃貸の方が安く、なおかつ、色々な意味で負担が少ないかもしれません。
そんな賃貸でも、住まいの形態を選ぶ必要があります。
すなわち、一戸建てにするか、集合住宅にするかです。
今では、どちらでも犬を飼うことができ、その点では、メリットが同じようでもあります。
一戸建てであれば、庭付きのケースがあり、伝統的とも言える室外飼いができます。
同じのものであり、実家で経験がある、という人も多数いるかもしれません。
あるいは、犬も家族の一員だから、ということで、室内飼いにする人もいることでしょう。
一戸建てでも集合住宅でも、可能な飼い方です。
しかし、物件数で見れば、おそらく集合住宅の方が多いことでしょう。
日本の場合、火山列島でもあるため、有効利用できる土地が少ないようです。
それが土地神話などを引き起こす原因でもあるようですが、居住空間を高さに求めているようです。
したがって、集合住宅の方が、相対的な数が増えてしまうのは、致し方のないことでしょう。
もっとも、地震列島でもあるため、耐震設備を整えておくこともまた、重要なことです。
いずれにせよ、物件数として、集合住宅の方が多いと思います。
そのため、特に便利な土地柄であれば、集合住宅を見つける方が、比較的容易でしょう。
しかし、集合住宅であれば、犬と暮らすために、きちんとしたしつけが必要です。
それは、飼い主としての責任であり、義務と認識することも、大事です。
集合住宅は、知らない人たちが、壁一つ隔てて暮らしています。
種々の問題が起きやすい状態であり、そういう点を踏まえておくことが、重要でしょう。
そうは言っても、一戸建てであっても、犬が鳴き止まない、あるいは、暴れてばかりいるなどがあれば、近隣に迷惑を掛けることは、確かなことです。
やはり、飼い主としての責任が伴うことに変わりはありません。
ならば、賃貸では、一戸建てがいいのでしょうか?
それとも、集合住宅がいいのでしょうか?
結局は、個々に委ねられる問題のようにも思います。
Copyright (C)2017いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜.All rights reserved.